トイレからの水漏れを自分で直す方法

トイレの水漏れの原因を考えよう!

トイレからチョロチョロと水が漏れ続ける。勢いはなくても徐々に増えていく水量と、止まる気配がない事からもかなり不安を感じ焦ってしまうトラブルであるトイレの水漏れ。ですが、やはりその「不安」の原因は知らないという現実が引き起こすものと言って過言ではありません。
トイレつまり同様に、トイレの水漏れもまた、「知れば怖くない」類のトラブルなのです!それでは勉強していきましょう。

代表的なトイレの水漏れの原因

最も代表的な水漏れの原因として

  • ロータンクのひび割れ
  • 便器のひび割れ
  • 給水管のひび割れ
  • 連結部の緩み/ヒビ割れ

が挙げられます。つまり「ひび割れ」による漏れが圧倒的に多いのです。では、チョロチョロと続く水漏れが確認できた場合に何をすべきか。応急処置はとても簡単です。元から水を止めればいいのです。

トイレ水漏れの対処法・止水栓の閉め方

トイレの水漏れ

トイレの水漏れが目の前で起こっている。しかしその原因がよくわからない。そんな時にはまず「止水栓を閉める」という事を覚えておきましょう。とにかく不安や焦りは「漏れ続ける水」が引き起こすものです。ですので、止水栓を閉める事によってまずは水の流れを遮断し、場を落ち着かせると一安心です。気持ちが落ち着き、ある程度の冷静さを取り戻せた時点で水漏れの箇所を特定し、対処すれば良いのです。
ただし、前述した通り水漏れの多くは「ヒビ割れ」が原因です。そして、便器は殆どの場合「陶器」でできています。つまり、給水管などの、替えが利く消耗品の劣化が水漏れの原因であればよいのですが、便器そのものが傷ついたことによって起こった水漏れの場合、「便器交換」しか方法が見つからない場合も多いという事を覚えておいてください。
※止水栓を閉めたにも関わらず、まだ水漏れが続いている場合、それは「水が溜まっている場所」つまりはロータンク内の何処かがひび割れているという事が考えられます。逆に給水等の管の部分の場合は「流した瞬間」だけ水がチョロチョロと流れるといった症状が出ます。


このトラブルに関連したQ&A