トイレの水が止まらない!

「水漏れ」「トイレつまり」と並んで多いトイレのトラブルが「水が止まらない」というトイレのトラブルです。
この「水が止まらない」というトラブルも原因は殆ど絞り込めます。つまり、「知っていれば慌てる必要のないトラブル」と言う事ができるのです。ではその絞り込める原因とは一体何なのでしょうか。

1.ボールタップの故障(水が溜まった認識ができず溢れる)
2.フロートバルブの故障(水が溜まらない)
トイレの水が止まらない原因の殆どは上記によるものなのです。

水が止まらない

まず、ボールタップの故障(上部の赤丸)についてですが、そもそもトイレの給水はボールタップがある一定の位置まで水によって持ち上げられたら止まる設計になっています。ですが、稀にボールタップが壊れてしまい、一定の角度以上持ち上げられても、「持ち上げられた」と認識されないまま水が流れ続ける事があります。この場合はボールタップを交換してあげるだけで、元に戻るケースが多いです。
一方のフロートバルブ(下部の赤丸)の故障については、ボールタップが巻きついた/劣化していた/ゴミが挟まったといった様々な原因が考えられますが、結果として起こるのはフロートバルブが水を流した際に開いたまま、常に開きっぱなしの状態になってしまい、いつまで経っても水がロータンク内に溜まらず、水が流れ続けるという現象です。これはフロートバルブの鎖に巻きついているボールタップを取り除くだけで機能を取り戻します。ゴミなどの場合も同様です。
ですが、部品の劣化によるものの場合は至急の交換が必要となります。

※個人で修理を試みる場合は、「ボールタップがフロートバルブの鎖に絡まっている」「フロートバルブの単純な劣化」までに留めておくのが良いでしょう。ボールタップそのものの交換が必要な場合は専門家に任せたほうが無難です。ボールタップとはあの「丸」の部分だけではなく、幾つかのパーツが含まれますので、その仕組みを理解していないと組み立てが容易ではないからです。

※節水テクニックとして「ペットボトルをロータンク内に沈めておく」という手法が流行りました。ですが、あの方法は余りお勧めできません。トイレを流す際の水圧を弱める第一の原因となり、結果的にトイレつまりの原因ともなり易いのです。ですので、節水をお考えの方にはホームセンター等で販売されている「節水グッズ」の購入をお勧めします。


このトラブルに関連したQ&A