お風呂場の水つまりについて

お風呂のつまり原因は「髪の毛」がダントツ

お風呂場の水つまりの原因はなんと言っても「髪の毛」がダントツです。シャワーの際に何気なく抜け落ちていく髪の毛。それが排水管の中に引っかかり、徐々に蓄積していきます。

お風呂の水つまり

何に引っかかるのか?

それは配管の劣化と共に出てくる突起です。現代の配管は「塩化ビニール」タイプのものが一般的ですが、それ劣化と共に棘ができてしまい、髪の毛が引っかかり易い突起となって内側に出てきます。また、連結部に使用している接着剤などが固形化してしまい、やはり同じように内側突起として現れてきます。これらの微妙な突起物に髪の毛が一本、また一本と引っかかってしまい、最終的には塊へとなっていくのです。

髪の毛が徐々に蓄積してくると、、、、やはり起こってしまうのは雑菌繁殖です。この雑菌によって蓄積した髪の毛にヌメリが加わり、固形物のように形作っていきます。その結果、排水管の排水の通り道が狭くなってしまい、排水機能の機能不全が起こるのです。そして、一箇所でこういった症状が起こってしまうと、連鎖するかのように他の場所にも同様の症状が生まれてきます。これは一箇所でこうした事象が起こってしまうがゆえに、排水管内の水の流れが変化してしまうからです。


このトラブルに関連したQ&A